感震ブレーカーの設置

感震ブレーカーで電気火災から「家」・「地域」を守ろう。

地震の揺れに伴う電気機器からの出火や、停電が復旧した時に発生する火災から大切な住まいを守るため、地震を感知すると自動的にブレーカーを落として電気を止める感震ブレーカーをご提案します。内閣府の閣議決定により今後、大震災時の電気火災対策に「感震ブレーカー」の設置が本格化する予定です。
MERIT 01

安心できる製品

平成27年5月に一般財団法人日本消防設備安全センターの推奨マークや、内閣府・感震遮断性能2つ星等を取得した信頼の製品です。
MERIT 02

震度5以上で電気を遮断

緊急時にブレーカーのスイッチを切って逃げる余裕はありません。「感震ブレーカー」なら震度5以上で確実にスイッチが切れるので安心です。作動震度を震度6弱、5強のいずれかを選択可能です。
MERIT 03

安心・確実な動作機構

「感震ブレーカー」はバネの力で震度5以上の揺れに対して確実にスイッチを切ります。テストスイッチで定期点検も出来ますので、「肝心な時に動作しない」などの心配もありません。
MERIT 04

各種配電盤に簡単取付

強力接着固定なので、工具不要で誰でも簡単に各種配電盤への取り付けが可能です。
MERIT 05

大幅なコストカット

簡単に導入できる感震ブレーカーなら工事が必要な分電盤タイプや、コンセントの数に比例して費用がかかるコンセントタイプに比べ、工事費もかからず大幅なコスト削減ができます。
感震ブレーカーアダプター
YAMORI
  • [内閣府による感震遮断性能評価] 2つ星取得
  • [一般財団法人日本消防設備安全センター] 消防防災製品等推奨マーク取得
  • [一般社団法人防災安全協会] 防災製品等推奨品マーク取得
大震災時の火災発生状況

●大震災時の火災発生状況

東日本大震災における本震による火災全111件のうち、原因が特定されたものが108件。そのうち過半数が電気関係の出火でした。

※日本火災学会誌「2011年東日本大震災火災等調査報告書」より作成

サービス提供会社/株式会社リンテック21
サービス一覧に戻る
ご相談はこちらから